診察の流れ

体は常に、変化しています。

体は常に、ベストをつくしてくれています。

24時間、365日、働き続けてくれている、あなたの体に耳を傾ける時間です。

東洋医学はそんなあなたの体の内側から元氣を取り戻し、不調改善、病気をも予防します。

「ほっ」と一息つける時間を提供できるように、心掛けております。


 

1.予診票に記入していただきます

 

2.予診票をもとに、あなたの不調や改善したい点について伺います。

※病歴や食欲・睡眠・便通・月経のことなど、体の状態を知るために必要な事を答えられる範囲で答えていただきます。

 

3.姿勢のチェック、動きで気になるところを確認します。

 

※姿勢の異常は不調の原因になるため、確認します。

 治療前後で評価をするために始めに痛む動作がある場合は確認します。

 

4.仰向けに寝て頂き、東洋医学の診察(舌診、脈診、触診)を行い、弱っている臓器、硬くなっている筋肉を診察します。

 

※体を観ることで、あなたの体の声をききます。舌は臓器の状態を反映します。脈で冷えているのか、熱があるのか、元気のあるなしなどを診ます。服の上から身体に触れて、フィンガーテストで、弱っている臓器の声をききます。筋肉に触れて、硬さを確認します。

 

5.リラックスしていただきながら、

 

ネッシンセラピー(刺さない鍼)を中心に弱っている臓器の働きを改善する施術、硬くなっている筋肉をニュートラルにする施術をオーダーメイドで行います。

 

6.姿勢のチェックを再度行います。

 

気になっていたところが改善されたか確認していただきます。

 

7.あなたに合ったセルフケアアドバイスをします。

 

8.今後のスケジュールについてお話します。